イベント最後の方の表彰式  

なんとバイキチの編集長さまが選ばれたバイクが
トロージャンのトライアンフでした 

感無量   
前日からの搬入
舞鶴から田中工房さんに手伝っていただきました   
本当に助かりました
有難うございました

どちらのペイントもアメリカ人ビルダーのクリスシャンがデザインをして塗装   
とちらもゴールドリーフを使って細かい線はブラシで   

コフィンタンクの方はクラシックな感じのデザインの中にもアグレッシブなサンダーボルトを入れて斬新に
ブロンズカラーの方はポセイドンがテーマ 三又の槍やポセイドンがかけているネックレスを取り入れる   
まずは会場でお会いしたあの方に試乗していただくのが楽しみ
もう少しお待ち下さいね     
このご時勢、買い手も売り手も厳しい世の中  思い切って値下げします
225万円! プラス車検って本当に安いですよね  お得ですよね  
ゴールド・アイアンヘッド XLH 1000cc  新たにペイントにデザインを入れてようやく完成間近   
トライアンフオーナーのKazumaさん、   まだ制作途中ですが気に入ってもらえたようでなにより    
このメンバー、最高です      

1975年H-D XLH と 1969年Triumph Bonneville を出展  

どのショップさんのバイクもクオリティーの高いバイクばかりで、見ごたえありました
多くの出会いや再会があり、遠方から見に来ていただいたお客様もあり、本当に嬉しかったです    

テールフォグライトも取り付け  
フェンダーガードの先端に取り付け予定のライオンも楽しみ    
いつ乗ってこられてもピカピカです  
カスタム第一段階完成時   
カスタム第一段階スタートした時     
ステーは作りにくいけど、見えないところに 
マフラーエンドは交換可能タイプ 
とってもクールですね。 Shikataさんのセンスも抜群!   
フロントホイールは21インチから19インチへ リアはスポークホイールにチェンジ
チェーン化してエキゾーストシステム製作し、やっとアメリカから届いたスプリングストラッツを取り付け   
Shikataさんのスポーツスター1200    

カスタム第二段階完成!    
Sportster
理想の形に近づいてきた   TR チョッパー  
ウィンカーもグッドチョイス    
電装ボックス製作

下の方のバッテリーボックスも製作  
チョッパースタイルに合わせトランペットマフラーをチョイス  
フレームとリアフェンダーはマットブラック    
タンクと電装ボックスはグロッシーブラック 
タンクも製作  
シートレール加工とフェンダーオリジナルステー溶接     
タンク下のフレームも加工してスッキリと
ヘッドライトはステーを作って上の方に取り付けたので、グッドバランス    
撮影前日の納車日は午後6時ころ来られて、まだ時間がかかるということで、再度9時頃来店。
仕上がって乗って帰られたのは、 な、なんと 午前5時!
本当にお疲れ様でした。 

エンジンはオーバーホールする    
タンク内はクリーニングして新しいラバー装着  
お待たせしましたShimodaさん   
タイガーカブ   レストアジョブ  ようやく組み立て開始   
Triumph

----------------------------------------------------------------------------------------------------

次はフォグライト!  お待ちしています   
6気筒の巨大エンジンです   冬の間も晴れていればロングツーリングに     
Honda Valkyrie
Ashidaさんの ホンダ ワルキューレ  


シートが完成しました

シートカバー製作は いつも ハードライドさんに   
お願いしています  

  

----------------------------------------------------------------------------------------------------

ロングツーリングに行かれるので
もう一つ後ろにバッグを装備 
これからはこのライオンがバイクを守ってくれることでしょう  
目のところは石の形にカットしてはめ込めば  
こんなんできました  
ショップにディスプレイで飾ってあったライオンちゃんですが  
ライオンヘッドの目はあの石で
しかも内側からLEDライトで光るように  
フロントフェンダーの先に付いている物は何でしょう?  
Ashidaさんのツーリング用バイク 
さらに個性的にカスタム
いつも向上心旺盛なミスターです   
Valkyrie

----------------------------------------------------------------------------------------------------

またお待ちしていますね    
やっぱり2月の舞鶴 という感じです 









季節はずれの、暖かい日は
バイクでも 全然OKですよね   



ワークスペースの隣はこんなスペースになっています   

雑誌やパーツを見ながらコーヒーでも飲みに来てください   
Trojan Cycles

----------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------

Happy New Year

Back














----------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------

名古屋 ジョインツ  
完成まではまだまだなのですが、一度出展してきます   
やっぱりペイント後は風格が違う   
数日後にJOINTSじゃなかった?   
バイクのテーマである ポセイドンの 三叉槍 と ネックレス  
シルバー と ゴールドリーフを合わせてデザインを入れます   
渋いブラウンに   これはベンツで出ているカラー   
塗装の下処理も塗りも自分でするのです   
こういうローメタルなフレームも格好いい   
これほどカスタムバイク制作に関して理解力のある方はないのではないかと   
いうほど、こういうショップにとっては神様のような方です     
オーナーのKazumaさん     
次はまたばらして塗装に入ります   
Kazumaさんのトライアンフ  今年はJOINTSに出展予定      
Triumph 650  T120Bonneville

----------------------------------------------------------------------------------------------------

買い手が決まった時に何か入れさせてもらいますね   
シルバーリーフの中はあえてブランクにしておきます   
ゴールドリーフを使います   
今回タンクにデザイン追加    
OchiaiさんのカワサキTR250   シンプルなチョッパーに! 
TR250
持って来られた中古ハンドルバーは幅を詰めてナローにしブラック塗装  
よくお似合いです   ヘルメットも超クール    
シートレール加工と電装ボックス製作  
250ccバイクのライトカスタムでも丁寧に製作していきます     
スイングアームの下の方にバッテリボックスを取り付けたいとのこと
結構大変でした  
フレームもサビが多く、全体的にサンディングしてからペイント 
今回の塗装は仮のもので、とりあえずサビないように    
XLH
アイアンショベル1000  古いハーネスで走っていましたが、全て新品と交換することに  

----------------------------------------------------------------------------------------------------

多くのゴールドパーツは、70年代にアメリカでカスタムされた時に純金コーティングされたもの     
ピカピカになって戻って参りました    

----------------------------------------------------------------------------------------------------

これは完全に自分用  
年に一つは自分用のパーツも作らせて    
お客様のバイクの仕事が落ち着いたら、パーツ量産したいな   
アイデアいっぱい、試作品いっぱい、でもノータイム&ノーマニー  
オリジナル制作パーツ  これからクロームメッキ施工に行って参ります     
どんどん進化していくワルキューレ  お手伝いさせていただき嬉しいです  

----------------------------------------------------------------------------------------------------

Mr.Ashidaのワルキューレ
シート製作の次は、フォグライトとホーンの取り付けで機能面プラス見た目もアップ   
Honda Valkyrie

----------------------------------------------------------------------------------------------------

ちょっと訳ありの不思議なGPZです   

FOR SALEになります     

GPZ
タンクとリアフェンダーはオリジナル製作  
オイルタンクはワンオフ加工  
以前ペイントしたものにデザインを追加 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------------------

Mr.Murayama   1995年 Ducati 900 SS 
Ducati
オイルタンク風 電装ボックス

----------------------------------------------------------------------------------------------------

OchiaiさんのカワサキTR250    
TR250
フロントフェンダーもフレッシュペイント&ショート加工  
テールはかなりスッキリ
フェンダーはショート加工してテールランプはスタイリッシュに  
サイドケースは割れていたので、新しいのを注文
アメリカのメーカーに頼むと、特注で作ってくれます   
シートはオリジナル製作  
ハンドルはロータイプに交換  ミラーもスモールに  
フレッシュペイントと 新しいデカールで  
HanajimaさんのHonda エルシノア MT125   1974年の2ストローク 

キャブ&配線の修理と ライトカスタム       

----------------------------------------------------------------------------------------------------

OchiaiさんのカワサキTR250    
最終目標はTRチョッパー  

低予算でも出来る限りのお手伝いさせていただきます   
TR250
ショップの改装からスタートした2013年は、トロージャンサイクルズにとって、
チャレンジの年でした。

これまで作ってきたカスタムバイクよりもさらにレベルアップできるように、もっと多種のバイクが扱えるように、  
大型のバイクもウェルカムできるように、難しいことにも挑戦していく。 

いつも自分達の限界ギリギリ状態だったので、手探り状態で仕事に追われるばかりでした。

お客様にはもどかしい思いをさせてしましましたが、それでも辛抱強く付き合っていただき、本当に感謝しています。        

昨年の失敗や間違っていたところをしっかり見直し、今年はチャレンジよりも改善にフォーカスしていきます。

昨年のうちに完成できなかったバイクも何台もあります。
予定以上に待っていただかないといけなかったバイクもありました。

フルカスタムからオイル交換だけの仕事までいろいろありますが、ビルダーのクリスシャンは、    
どのバイクも良い仕事をさせていただきたいという熱意で取り組んでいます。

お客様のご理解とご支援があるからこそ続けられるショップ。
本当に感謝しています。

今後とも宜しくお願い致します。      
配線は時間がかかりますが、丁寧に  
クリスシャンと直接英語で話しができるMurayamaさん、 素晴らしい   
シートとマフラーはカスタム
電気系はアップグレードする
クラッチはオーバーホール
その他メンテナンス で 納車しましたが、 なんせ古いバイク・・・

乗り出して直ぐに フォークオイル漏れとキャブからガソリン漏れが発生
遠出される前に診ていきましょう     
しばらく待機中だったTRカスタムを再開   
チョッパーなので、シートレールはベントタイプがいいですね  
何度も作り直したリアフェンダーとマフラーエンド   やっと納得のいく形に   
Kazumaさんにも気に入ってもらえるといいですが   
エルシノアはプチカスタム     
スピアのようなマフラー   
マフラーエンドはボルトオンタイプで、中のサイレンサーも調節&交換可能   
バイクテーマのポセイドンとタンクの形に合ったフェンダーに  
角々してシャープな感じがとってもクール  

----------------------------------------------------------------------------------------------------

Honda CB750FOUR
Ashidaさんの愛車   
Kazumaさんのトライアンフ  今年はJOINTSに出展予定      
Triumph 650  T120Bonneville
Ducati900SSは背の高いオーナーさんに合わせてシート加工   
リアホイールをスポークに替えて、チェーン化します     
フロントホイールは21インチから19インチにチェンジ    
リアサスがアメリカから届くのを待っているのですが、一向に届かない    

注文したスプリングストラッツ、もう半年近くなるなぁ   

----------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンドルバーやタンクデザインにマッチしたカービーな感じで  

本溶接してメッキに出します 
オリジナルのエキゾーストシステムを製作   
持ち込みのハンドルバーはそのままでは合わないのでショート加工して使用     

----------------------------------------------------------------------------------------------------

電装ボックス製作して、ハンドルも替えます 
ステップ by ステップ   
シート製作   
Sportster
パイプベンダーで少しずつ曲げていきます  
こんな角度でも10分くらいはかかる   
Shikataさんのスポーツスター1200    カスタム第二段階スタート!    
タンク製作   
車整備士のOchiaiさん  

----------------------------------------------------------------------------------------------------

天気の良い週末は必ずバイクでツーリングに行かれるそう   
正月休みも早々からお越しいただき有難うございました     
よくお手入れされ、ピカピカです